とんとん拍子に結婚が決まった

フランス留学中出会った、日本人女性。

リヨンという街で、2年に1回、食の世界大会が行われるその会場で出会いました。

友人を介して出会ったのですが、

リヨンに語学留学してきて、ひょんなことでボルドーという街に引っ越すことに。

出会ったこの日、ボルドーへの引っ越しの日でした。

お話を聞いてみると、ワインのイベントを通して知り合ったフランス人男性がボルドーに住んでいるらしく、

その方と間もなくお付き合いがはじまり、

大学入学を機に一緒に住むことになり引っ越しを決意。

と、半年くらいの間で環境が激変したそうです。

すごいですね。

人生、どんな出会いがあるかわかりません。

その後5年経った今年、結婚式を挙げました。

同棲の期間を経ての結婚ですが、フランスでは珍しくないこの形。

同棲の事実が証明されれば、国からの補助・援助を受けることができるのです。(少々書類の数・種類には心折れそうになりますが。)

結婚が必ずしも書面だけのものではない、本当の愛の形。

というイメージが強いですね。

日本の、結婚して、籍を入れたから終わり。

みたいな感じがなくて、自然に時間をかけて愛を育む印象を受けます。

なにより、国からの補助があるのが、そんな風潮を後押ししているのでしょう。

日本でも、形にこだわらず愛を育むカップルもいますが、

国からは事実婚でも、扱いは他人ですよね。

籍が入ってないと何の保障もないですし。

そして、日本ではあいかわらず、結婚式に憧れている女性は多いのです。

私もその一人ですが、これは世界共通でしょうか。

女性が純白のウェディングドレスを着たい。というのはある意味仕方ありません。

願いだけでも叶えてあげてください。

アラフォーの友人の結婚式でのウェディングドレスも、

フランスではとってもシックでいい感じでした。

年齢に関係なく何でも受け入れてくれるので、ウェディングドレスも肩を出したスタイルでも素敵でした。

私も南の島で、思いっきりきれいに見えるウェディングドレスを着たいな~。

っと、イメージだけは描いています。

http://xn--onqv7d1xb05it2cc2i64ai62n.com/

 

 

今年もエミレーツ航空で南仏へ

毎年バカンスでフランスに出かけますが、今年も行ってきます。

いつもだいたいエミレーツ航空を使ってますが、

今回もエミレーツで南仏はニースへ向かう予定です。

去年と比べると、1万円近く航空券の値段が跳ね上がっていますが、

マイレージが貯まったので、それも使いつつお得に行けそうです。

マイレージは、6,7枚持っていますが、

ほぼこのエミレーツがメインで使用しています。

他にも、せっかくバカンスするので、何かお得なことがないかなー。

と、探してみました。

以前から気になっていた、空港ラウンジ利用。

ビジネス・ファーストクラス利用のエグゼクティブしか利用できないの?

どうやったら空港ラウンジを利用できるのだろう??と思っていましたが、

どうやら、一般の方でも利用できることがわかりました。

パリ空港ラウンジ無料利用

「プライオリティパス」という、全世界1000箇所の空港ラウンジをりようできるこのカード。

年会費約1万円くらい支払うと利用することができます。

ビジネス・ファーストクラスでないエコノミークラスであっても利用できるのです。

ただ、年会費以外にも、毎回の利用料金が27ドルかかるそうです。

楽天カード持っている人なら、毎回の利用料を支払わなくても、

年会費だけで空港ラウンジ使えるプレミアムカードなるものがあるので切り替えれば1万円で年間何度も使えるみたいですよ。

早速、年会費無料の楽天カードからプレミアムカードに切り替えようっと。

いつも乗り換えのドバイで、深夜眠い目を抑えながらベンチで3時間も待つのがしんどかったので、

ゆったり待ち時間を過ごせそうです。

でも、ドバイのラウンジはマナーが悪いって聞くのでどうしよう。。

パリ経由にして、シャワーつきのラウンジっていうのでもいいな。。

現地に着くまでの間も、こんな楽しみが増えるなんて^^/

幸せ。

 

肌に悩みがあるなら。。

No Comments

未分類

30代まで乾燥肌なのに、化粧をしたまま寝てしまうことが多々あり、

手におえない状態まで放置。

加えて、渡仏し水が変わって更に粉吹きの状態で最悪でした、私のお顔。

でも、フランスのドラッグストアって、日本と違ってとてもリーズナブルで、たくさんのBioスキンケア商品がそろってる。

リップクリームも3本で1000円以下だったり、ハンドクリームも手ごろなサイズなら500円くらいで買える。

肌の根本を変えないと、きっと乾燥肌は治らないと決心した私は、

オーガニック製品が安くて手に入るこのフランス滞在中に使いまくろう。

それでだめなら、あきらめて無難な値段のものをたくさん塗りたくろう。

と考えました。

見事に思惑的中。

日本より乾燥するこの地で、見事保湿できた肌に変わっていくのを実感できました。

化粧水だけBIOに変えて、保湿クリームや美容液を普通のもの、というのではなく、

手ごろな値段で、すべてBIOスキンケア商品に変更できたんだから、

悪くならないでしょう!!!

いいタイミングで来れたわ、フランス。

なかでも、アルガンオイルはとてもお肌に合いました。

オリーブオイルもたっぷり料理に使ってたからかな(!?笑)

水分不足と思っていた私の肌は、どうやら油分が足りないらしい。(BIO製品を扱っているお店で言われました)

ちょうど、このサイトにも書いてあったMelvitaのアルガンオイルをよく使っていました。

フランス産なんで、手ごろに手に入る。

もっと、日本もオーガニックに力を入れてくれたら、

高いお金だして購入することもないんですがね。。

でも、@コスメみたいなサイトでも、配送料無料で安くて購入することもできるから、

ぜひ、活用してみてください。

 

バリ島のような、フレンドリーな人がいるアジアの都市は?

No Comments

未分類

最近は、年に数回ヨーロッパにバカンスにでかけていますが、

以前は、近場のビーチによく旅行していました。

アジアの気候があまり得意ではないので、カラッとした気候のヨーロッパに変えたのです。

でも決して気候以外に問題があるわけでもなく、物価は安いし、食べ物は辛くておいしいし、現地の人たちはフレンドリー。

たくさん有休を取れない日本人にとっては、アジアへのバカンスはもってこいですよね~。

バリに行った15年前は、ボディーボードを片手になんちゃってサーフトリップしに行ったものです。

さっと有休もとれ、簡単なものでした。

現地についても、ホテルの裏側に住んでいた現地の若い男性が、親切に街を案内してくれましたし、

自宅へ迎え入れてくれて、ランチもごちそうになりました。

リーズナブルで評判の現地のマッサージのお店がないか尋ねると、ホテルにほど近いお店まで案内してくれました。

980円で、全身1時間以上も丁寧にマッサージしてくれるスパで、とても癒されましたね~。全裸ですけど^^:

バカンスって、観光して忙しく一日を過ごすのではなく、ゆっくりまったり過ごすのが私流です。

だから、こんなふうにマッサージしてもらったり、好きな海で過ごしたり、現地の人とお友達になったりするのが定番で大好きです。

最近では、インドネシアの友人ができたので、バリ以外のビーチも行ってみたいな~。

と思ったり、いやいやタイやシンガポールなども魅力的。と思ったり。

でも、もっと別のアジアにも興味が湧いてきて、ネットでたくさん調べていくと、

カンボジアがお薦め。って記事を見つけました。≪海外一人旅 カンボジア

治安があまり良くないイメージで全く興味なかったんですけど、

インド同様、瞑想なんかでメンタルを清めつつ、スパもあったり遺跡をみてゆっくりお茶したりと、

何だかいい感じな予感がします。

本当のところどうなんでしょう?

行ったことある方いますか?

 

念願のフランス・ニースを旅してみたら...

No Comments

未分類

2009年9月。

はじめてシルバーウィークができて、大型連休!!!

と喜んですぐに有給休暇を取得して旅立ちました。

念願のフランスはパリ・ニース。

ニースとモナコは、一生に一度絶対行きたい。と願ってやまなかった場所。

とうとう夢がかなう。と、とてもウキウキしていたのを思い出します。

覚えたてのフランス語を、片っ端から試そうと、ニースで滞在したB&Bのオーナーや、

スーパー、ブーランジェリーの店員さんに話しかけたのを思い出します。

ビーチが近く、友人と洋服のまま足をつけては動画を撮りまくっていました。

今となっては、年に何回も行く場所になるなんて思ってもみませんでしたね。

パリでは、mixiで知り合ったパリ在住の日本人女性宅を1週間ちょっとお借りしました。

そのおかげで、日本に帰国された時にはごはんを食べに行ったり、

楽器を弾かれるので、演奏会によばれたり、ご縁でつながることができました。

旅って、たくさんの人と知り合える。

それが醍醐味ですよね~。

ひたすら1日に3、4か所のケーキ屋を巡っては、ケーキを購入したり、

シェフと写真を撮ったり。

日本のコルドンブルーという製菓学校で、特別講師としてパリのパティスリーから来日されたシェフのお店で再会を果たしたり、

とても充実した渡仏になりました。